出産はどんな感じで行うの?バーススタイルってどんなもの?

2016030302-01

分娩というと、分娩台にのっての出産というイメージを持つ方も多くいますが、今はこの分娩台の上での分娩以外にもさまざまなバーススタイルがあります。

どのようなバーススタイルがあるのかを知ることで、分娩施設を選ぶ時の参考にしていくこともできますよ。
分娩は大きく分けると帝王切開と自然分娩がありますが、この自然分娩の中にも実にさまざまな種類のバーススタイルがあるんです。

 

立合分娩

2016030302-02

家族が分娩室に入室することが出来る方法で、夫や母親、兄弟などが一緒に出産のときにそばにいてくれるという安心感がもてるバーススタイルです。

出産し家族が増える瞬間を一緒に迎えることが出来るため、喜びを分かち合うことが出来、さらに夫に対してはパパになったという自覚を持ってもらうことが出来ます。

父親学級や母親学級などによって、事前に心構えなどをレクチャーしてもらってから立合分娩を行うことが出来るようになっている病院やクリニックが多くなっています。

 

LDR

 

L=Labour(陣痛)
D=Dekivery(分娩)
R=Recovery(回復)

という分娩の一連の動きを、一つの部屋で行うことが出来るバーススタイルです。

通常は陣痛が起こると陣痛室に移動し、さらに分娩が迫ると分娩室に移動、さらに出産後には回復室に移動するといった方法が取られますが、LDRの場合には、一つの部屋で分娩の一連の動きを全て行います。

家族も立ち会うことが出来、プライバシーも守られるバーススタイルとして産婦人科専門病院を中心に行われています。

計画分娩

2016030302-03

通常分娩はお腹の中の赤ちゃんのタイミングによって陣痛が起こり、分娩が進んでいきますが、計画分娩では出産予定日をあらかじめ決めておき、その期日に合わせて医療処置を行って人為的に陣痛を起こします。

計画分娩は何かしらの理由により出産する日を決めたいという人や、妊娠中の経過により、医師が早めの出産が望ましいと判断した場合などに行います。
計画分娩ではスタッフの数も充実し、ママとしては安心して出産が出来るというメリットもあります。

 

無痛分娩

無痛分娩は陣痛の痛みを弱めることが出来る分娩方法で、心臓に疾患がある方や高血圧症の方、痛みにもともと弱いタイプの方にとっては痛みが抑えられるためにおすすめのバーススタイルです。

硬膜外麻酔を打ち局所麻酔を行うことで痛みを緩和することが出来ます。

意識ははっきりしているため産声を聴くこともできますし、産後すぐに赤ちゃんに対面することもできます。

デメリットとしては陣痛が弱くなることで陣痛促進剤を使うことが多くなり、さらに吸引分娩や鉗子分娩といった器具を使った分娩介助が行われることも多くなるという点です。

 

アクティブバース

2016030302-04

分娩は通常股が大きく開く分娩台を使ったものが多くなりますが、アクティブバースでは分娩台のらない分娩を行うことが出来ます。
自分にとって一番楽な体制でお産を進めていくことが出来ます。
和室などで横になって出産をしたり、四つん這いになって出産をするなど、自由度が高いバーススタイルで、主に助産院で行われています。

アクティブバースの仲間として、温水をはったプールで出産をする水中出産やがあります。
水中出産は水の浮力によって身体の自由度が増すため、より自分が楽と感じる体勢での出産が可能です。

 

ソフロロジー

2016030302-05

ソフロロジーはヨガの呼吸法やイメージトレーニングを行うことで、出産時にリラックスした状態で分娩を行うことが出来るバーススタイルです。
陣痛の痛みは自然なことなので、陣痛の痛みは積極的に受け入れながらも、出産により家族が増える、赤ちゃんが生まれるという幸せなイメージを思い描きながら出産を行います。

事前にヨガや座禅、呼吸法などを学び、トレーニングを積むことによって、自分自身が母親となっていく過程を感じ、そして子どもが生まれたい時に生まれるという自然の摂理を理解することが出来るバーススタイルとして人気です。

 

ラマーズ法・リーブ法

2016030302-06

ラマーズ法もリーブ法も、基本としては呼吸法によって陣痛の痛みを和らげ、心身をリラックスさせていくバーススタイルになっています。

ラマーズ法では出産のプロセスを事前に学び、知ることによって不安を取り除いていきます。
実際の分娩時には呼吸によって陣痛をやわらげたり、緊張をやわらげたりして、自分自身の出産力を高めることで分娩を行っていきます。
呼吸方法は夫ともに練習を繰り返していくことで、夫婦二人で出産をするという意識をもち、分娩時も夫が立合い呼吸をリードすることになります。

リーブ法は中国気功法を取り入れたバーススタイルでゆっくりとした腹式呼吸を行うことで心身をリラックスさせていきます。

 

まとめ

2016030302-07

出産をするのはあくまでも自分自身です。

どんなふうに出産したいのかということを思い描きながら、自分にあったバーススタイルを選ぶことはとても大切です。
ただ、分娩施設によっては多様なバーススタイルに対応していない場合もありますので、まずバーススタイルを考えることで、分娩施設を選ぶときのポイントの一つにしていくという選び方もできますよ。

コメントを残す

このページの先頭へ