いよいよ始まるマタニティライフ。定期検診はいつ、そして何をするの?

2016030401-01

初心を受け妊娠が確定すると、ここから本格的なマタニティライフが始まっていきます。
定期的に病院に通い、定期検診を受けることになりますが、いったいどのくらいの頻度で健診に行くことになるのか、健診ではどのような事を行っていくのかは気になりますよね。
マタニティライフのスケジュールを立てていくためにも、定期検診について知っておきましょう。

 

体調に異変がなくても健診は必ず行きましょう

2016030401-02

妊娠は病気ではない。
というのは様々なところで聞くことがありますよね。

ですが、妊娠している期間というのは、やはりいつもの身体とは全く異なる状態にあります。
そのため、妊娠期間中には医師の指示に従って定期検診を受ける必要があります。

定期検診は、今現在の身体の状態をチェックするだけではなく、この先に起こり得るトラブルを予測し、そのトラブルを回避していくためにも重要になります。
体調が悪い時に病院に行くことは当たり前になりますが、とくに体調に異変がない時でも、決められた定期検診には忘れずに必ず行くようにしましょう。

妊娠を確認することが出来てから、大体23週くらいまでは4週間に一度の頻度、24週~35週までは2週間に一度の頻度、36週目以降は1週間に1度の頻度で通院をすることが基本になってきます。
ただ、病院によっては間隔が短くなることもありますし、体調などによっても定期健診い通う間隔が変わってくることがあります。

 

定期検診では何をするの?

2016030401-03

定期検診を受ける目的は、ママの身体の状態を管理して流産や早産、妊娠合併症などの兆候がないのか、妊娠時に起こるトラブルが発生していないかをチェックすること、そしてお腹の中の赤ちゃんの様子を確認し、大きさや体重などを推定し、順調な発育状態にあるのかなどを確認して行きます。
毎回行われることになる健診の項目をチェックして行きましょう。

 

体重・血圧・尿検査

多くの産婦人科では、来院すると体重測定と血圧測定を行い、そのまま検尿のためのコップなどを渡されて尿検査を受けることになります。
尿検査では尿たんぱくと尿糖の検査を行います。

体重が増えすぎていないか、逆に低下していないかなどを確認します。
血圧や尿検査の結果によっては、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの病態を疑うことになります。

 

腹囲および子宮底測定

子宮底というのは、恥骨から子宮の上までの長さで、腹囲と併せて子宮の大きさをチェックして行きます。
脂肪の付き具合などもこの検査で行っていきます。

 

浮腫検査

2016030401-04

浮腫というのはむくみの事になります。
足の甲やすねの部分などを押してむくみがないかをチェックして行きます。

むくみが強い場合には、血行不良になっている可能性もあります。
それにより妊娠高血圧症候群になるリスクが高まっていると判断されます。

 

超音波ドップラー検査

ママにとってお腹の中の赤ちゃんの様子を知ることが出来る検査の一つがこの超音波ドップラー検査です。

お腹の上から超音波ドップラー装置によって赤ちゃんの心拍を確認して行きます。
順調に発育していると、リズミカルな心音を聞くことが出来ます。

 

内診

内診は子宮の位置を確認したり、大きさを確認したりするためには必要な検査になります。
妊娠後期になってくると、子宮口が開いているのか子宮頚部、つまり産道となる部分の柔らかさなどをチェックして行きます。

 

超音波検査

2016030401-06

妊娠12週くらいまでは経膣プロープを使った経膣法で、それ以降はお腹の上から超音波を充てる経腹法で超音波検査を行うことになります。

赤ちゃんの様子や成長具合などをこの超音波検査でチェックすることが出来ます。
さらに胎盤の様子などもチェックして行きます。 赤ちゃんが動いている様子などもこの超音波検査で見ることが出来ますよ。

定期検診でもっとも楽しみな検査になります。

 

超音波検査でどんなことが分かるの?

2016030401-05

赤ちゃんの成長具合がよくわかる超音波検査ですが、実際に超音波検査を受けると、画面上に様々な記号と数字が書かれています。
この記号の意味や数字の意味を知ることで、超音波検査で見ている内容を細かく知ることが出来ます。

 

GS

胎嚢の袋の大きさを表しています。
だいたい妊娠5週目くらいから見え始めます。
胎嚢が子宮内にちゃんとあれば正常妊娠と言われますが、胎嚢が子宮にない場合には、子宮外妊娠となってしまいます。

 

CRL

頭殿長を表しています。
頭殿長というのは頭からお尻までの長さの事で、いわゆる座高に相当する長さになります。

 

BPD

児頭大横径を表しています。いわゆる頭の大きさになります。

 

CRLとBPDによって妊娠週数や出産予定日などを判明していくことが出来ます。

 

FL

大腿骨長といって、太ももの骨の長さになります。

 

APTD

腹部前後径といい、赤ちゃんのお腹の前後の厚みになります。

TTD

腹部横径といって、お腹の横の大きさになります。

 

FLやBPD、APTD、TTDを計測することによって赤ちゃんの推定体重を計算することが出来るんですよ。

 

AFI

羊水の量を表しています。羊水の量が多かったり少なかったりしないかをここで確認します。

 

AGE

検査時点での妊娠週数です

 

DEL

この時点での分娩予定日になります。

 

このような記号の意味をしっかりと理解すると、おなかの赤ちゃんがどのくらい生育しているのかをちゃんと知ることが出来るようになります。

 

まとめ

2016030401-07

定期検診は体重の増加など気になることも多くありますが、やはりお腹の中の赤ちゃんの様子を知ることが出来る貴重な機会ですよね。 忘れずに受診するようにしましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ