妊娠中だからこそできるファッションのポイントは?マタニティウエア最前線!

2016031402-01

妊娠中は通常の場合と異なり、腹囲が大きくなり、さらに乳房が発達するためにバストも大きくなります。
いつもの服が着られなくなってしまいますよね。
着られないとマイナス思考になるよりは、いっそ妊娠中だからこそできるファッションを楽しむという方向にプラス思考に変えていきましょう。
妊娠中だからこそできるファッションのポイントをおさえ、マタニティウエアの最前線をチェックしましょう。

マタニティウエアを選ぶ時のポイント

2016031402-02

妊娠中の女性のためのウエアであるマタニティウエアですが、選ぶ時にはいくつかのポイントがあります。
まずはそのポイントをチェックして行きましょう。

1.基本はシンプルでコーディネイトしやすいもの
2.ウエストがゴムや紐でサイズ調整がしやすいもの
3.着心地が良く伸縮性に優れていること
4.洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えること
5.着脱が楽なもの

この5つのポイントはぜひ押さえておきたいものです。

 

マタニティウエアはお腹周りがきつくなってきた、バストがきつくなったら着るもの。
というイメージがある人も多くいますが、早めに着用を始めても全く問題はありません。
むしろ、早めに着用を始めた方が長くマタニティウエアを利用することが出来るので経済的ということになりますよね。
基本的にお腹周りなどに負担をかけにくい構造になっているので、妊娠初期の段階から着用してもいいんですよ。

とくにボトムスにゴムや紐でサイズ調整が行いやすいようになっているものは、出産後も着用可能です。
育児中も伸縮性がある素材のボトムスは非常に役立ちますので、数枚用意するといいですよ。
ウエスト周りがリブ編みになっているタイプのものであれば、お腹を締め付けることがないので妊娠後期になっても着用が可能になっています。

 

おすすめのトップス ~Aラインのチュニック~

2016031402-03

マタニティウエアとしてAラインのチュニックを愛用している方はとても多くいます。
Aラインのチュニックはお腹周りをすっぽりと包み込むように隠してくれるので、冷え防止にも効果的ですし、デザインが豊富で選ぶのも楽しいアイテムですよね。
マタニティ用のチュニックは、バスト下の切り替えの部分が開くようになっているタイプのものもたくさんあります。
これは出産後授乳をする時に洋服を着たまま授乳を行うことが出来るような工夫になっています。
最初は胸元が気になることもありますが、外から胸元が見える心配はないので安心してくださいね。

 

おすすめのボトムス ~スカッツ~

2016031402-04

ボトムスはいろいろな種類がありますよね。
赤ちゃん用品店などに行くと、マタニティウエアもたくさんあり、そこには多種多様なボトムスがあります。
ウエスト部分がリブ編みになっているタイプのボトムスはお腹周りの締め付け感がなくおすすめですが、スカッツと呼ばれるタイプのボトムスはとくにお勧めになります。

スカッツはスカートとスパッツが組み合わされたボトムスで、スパッツの上にスカートがすでに縫い止められているようなデザインです。
お腹周りにスパッツの生地とスカートの生地の2枚が重なりますので、お腹をカバーすることができます。
冷え防止にもなりますよ。

スカッツのスカートの部分は伸縮性があるので、動きやすいものが多くなっています。
あたたかく動きやすいスカッツは、トップスとも合わせやすいのでおすすめです。

 

おすすめの小物 ~ストール~

2016031402-05

ストールというとファッションを楽しむためにはかなり重要なアイテムの一つですよね。
ストールを複数枚持っていればそれだけでさまざまなファッションを楽しむことが出来ます。
妊娠中でもストールは冷え防止やお気に入りのファッションを楽しむために必須アイテムとなる小物の一つですが、実はストールは授乳期にも非常に重要なアイテムになってきます。
授乳の時に赤ちゃんを抱っこしたままストールをかぶせることで、外出先でも乳房を他の人に見られることなく授乳をすることが出来ます。
このような授乳をする時に大判のストールを持っていることは非常に便利なんです。
もしストールがないという方は、出産後の授乳のためにも数枚用意しておくといいですよ。

 

ワードローブの総点検

2016031402-06

妊娠中のウエア選びをするついでに、一度ワードローブの総点検を行ってみることもおすすめです。
着なくなった服、デザインが年齢に合わないもの、サイズが合わない物など、意外に不要な服が沢山あることがあります。
もしサイズが大きなものがあれば、それをマタニティウエアとして着用してみてもいいですよね。
まずは手持ちの服でサイズ調整が聞きそうなものを選ぶということを行うことも経済的なことを考えれば大切です。
パパのカジュアルウエアを借りちゃうこともアリですよ。
着ない服などは思い切って処分すると気持ちもすっきりします。
そしてそこに今度は新しい家族、つまりお腹の中の赤ちゃんのためのスペースを作ってあげるようにしていきましょう。
すこしずつ赤ちゃんのものが増えていく幸せは、パパにあなたはもうすぐお父さんになるのよ、という意識を芽生えさせることにもつながっていくんですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ