妊娠中に起こる髪のトラブル。ヘアケアはどうしていけばいいの?

2016031405-01

妊娠中はホルモンバランスが崩れることでフケや皮脂なども出やすくなります。
また抜け毛が増えてきたリ、髪がパサパサしてしまうといった髪や頭皮のトラブルに悩んでいる妊婦さんは多いんです。
そんな妊婦さんのヘアケアは、どのようにしていけばいいのでしょうか?

よくある髪のトラブルとその理由は?

2016031405-02

フケやかゆみが増える

これは妊娠することによって新陳代謝が良くなるために、頭皮を作っている細胞の活動も活発になっていることで起こります。
皮脂の分泌も活発になるので頭皮が脂っぽくなることがあります。

 

パサつきや切れ毛、枝毛が増える

髪を作るための栄養は、お腹の中の赤ちゃんの成長に必要な栄養です。
そのため、ママの髪を作るための栄養素が不足してしまうためにパサつきや切れ毛、枝毛といった髪の傷みによるダメージが増えてしまうんです。

 

抜け毛

ホルモンバランスが崩れることによって、抜け毛が増えることがあります。
また髪の傷みが進行して抜け毛になることもあるんですよ。
妊娠中に感じているストレスによっても抜け毛が増えていくことがあります。

 

トラブルを防ぐためにできることは?

2016031405-03

妊娠中に起こりやすい髪のトラブルを防ぐためにできることというのはあるのでしょうか?
まずは頭皮を清潔に保つということです。
頭皮を清潔に保つには、シャンプーをすることが一番ですよね。
ですが、妊娠中の頭皮はとてもデリケートな状態になっていますので、使うシャンプーはできれば低刺激性のものを使うようにしましょう。

パサつきなどの髪の傷みは栄養不足が主な原因ですから、不足している栄養素を積極的に摂ることが大切です。
髪をつくるたんぱく質はケラチンというものです。
ケラチンが含まれている食材には、にんにくやたまねり、ブロッコリーなどに含まれています。
ただ、ケラチンは体内合成をすることもできるんです。
その体内合成をするために必要な栄養素はアミノ酸で、メチオニンやL-リジンといったものがあります。
さらにミネラル分である亜鉛、さらにビタミン類も髪の成長には欠かせない栄養素です。
ただケラチンを含む食材を食べればよいのではなく、基本はやはり栄養バランスが取れた食生活をすることが必要になるんですよ。

 

髪を染めたりパーマをしても大丈夫?

2016031405-04

妊娠中は髪を染めたるための染毛剤や、パーマをするためのパーマ剤が身体に吸収されると危険。
という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実際のところお腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまうほど身体に吸収されるということはありません。
髪を染めたりパーマをすることは行ってはいけないという訳ではないんです。
ただ、妊娠中は頭皮の状態がとても不安定で、染毛剤やパーマ剤によって頭皮や皮膚がかぶれてしまうことがあります。
さらに、染毛剤もパーマ剤も匂いがきつく、妊娠中、とくに初期のつわりの時期にはきつく感じられることがあります。
これらが問題がない場合には、決して髪を染めたりパーマをかけたりしては行けないわけではありません。
ただ、自宅で行うよりは、美容院で相談をしながら行った方が安全ですよ。

 

 

髪型はどんな風にした方がいいの?

妊娠を機に髪を切るという人は意外に多くいますよね。
髪型を変えることで気分を変えることが出来ますし、美容院に行くことでも気分転換になることから、髪型を変えるという人も多くいます。
妊娠中にはこんな髪型にした方が良いというものはありませんが、髪型によってお手入れの仕方などが変わってきますので、自分にあった髪型を探してみるといいですよ。

 

2016031405-05

ロングヘアはお手入れが大変ですが、髪をまとめてしまえば多少クセがでてきても気にならないという意味では実は楽な髪型の一つです。
中途半端な長さにするよりは、一本にまとめられるくらいの長さをキープすると便利です。

 

2016031405-06

セミロングヘアはクセが気になることがありますが、このクセを逆に利用すると髪型に変化をつけることができます。
変化を楽しみたいという方の場合には、ボブスタイルなどがお勧めになりますが、クセが気になるという方にとっては不向きです。
ロングヘアに比べると日頃のお手入れはしやすくなりますよ。

 

2016031405-07

ショートヘアは手入れがとても楽というメリットがありますが、実は少し伸びてしまうとスタイリングに悩みが出てくるというデメリットもあります。
ロングヘアの方が突然ショートヘアにするとスタイリングに悩む可能性があります。
ただ洗髪などはとても楽になりますので、産後の忙しいバスタイムでもヘアケアは楽になります。

 

まとめ

2016031405-08

ヘアケアはどうしても髪のクセ、髪の質などによって個人差がとても現れやすくなります。
妊娠中に髪のトラブルが起こってしまったり、頭皮のトラブルが起こってしまったりした場合には、普段通っている美容院でしっかりと相談をしてみてください。
適切なアドバイスをしてもらうことができますよ。

髪は女の命とも言われています。
ヘアスタイルが決まるかどうかは女性にとってはその日一日の気分も大きく変えてしまいますので、ぜひ自分が納得できるヘアスタイルを見つけてみてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ