妊娠中の移動手段、これは乗っていいの?いけないの?

20160413-01
日常生活を送るうえで一番問題になってくるのは移動手段ですよね。
つわりがおさまり子どもが生まれる前に旅行に行こうという方も多くいらっしゃいます。
乗り物について、妊娠している時には気を付けたい部分をチェックして行きましょう。

 

・自動車の運転と自動車に乗るときの注意

20160413-02

 

普段から自動車での移動が多いという妊婦さんも多くいますよね。
車の運転になれているという方であれば、近距離の移動のために運転をするというのは決してNGという訳ではありません。
ただし、いつもに比べると注意力が散漫になりやすい傾向がありますので、運転には注意が必要になります。
また妊娠後期ではお腹が張りやすいという方も多くいます。
できれば運転が出来る人が同乗している状態で運転することがお勧めになってきます。

 

妊娠中はお腹が大きくなるために、シートベルトの着用は義務化されていません。
これは「シートベルトを装着することが健康保持上適当でない」ということによるものですが、実際には妊娠中でもシートベルトは着用した方が良いと言われています。

 

お腹の部分を横断しないようにしてシートベルトを着用することも可能になっています。
万が一事故を起こしてしまったり事故にあってしまった場合、シートベルトによってお母さん自身やお腹の赤ちゃんを守ることができるので、妊娠中でもお腹を圧迫しないようにしながらシートベルトを着用しましょう。

 

妊娠後期になったら自家用車でもできるだけ遠くへの外出は避けるようにしましょう。
振動によってお腹が張りやすくなると言われています。

 

・自転車や二輪車には乗っていいの?

20160413-03

 

日常の足として便利な自転車や二輪車を利用しているという方も多くいますよね。
ですが、妊娠中はできれば自転車や二輪車での走行は辞めましょう。

妊娠中はどうしても普段とは異なり、身体のバランスがとりにくく、自転車や二輪車は転倒しやすいというデメリットがあります。
転倒することでお腹の赤ちゃんに影響がでる可能性がありますし、振動がお腹に直接伝わるという危険性もあります。

どうしても自転車や二輪車に乗る必要があるという場合には、次のような点に注意しましょう。

  • 交通量が少ない道を選ぶ
  • 坂道などは避ける
  • 転倒にはくれぐれも注意する

 

・路線バスや電車などでの注意点

20160413-04

 

妊娠中にはやはり公共交通機関を利用する頻度が普段より高くなってきます。
バスや電車などは、朝や夕方など、通勤帰宅の乗客が多い時間帯はどうしても混み合ってしまいます。
通勤などのためにやむを得ず乗車しなければならないという方を除けば、できるだけ混雑する時間帯は避けるようにしましょう。

バスは特に急ブレーキや走行中の揺れが気になる乗り物でもあります。
基本としては着席できる時には着席して乗車し、降車の際にはバスが停車してから席を立つということを行うようにしましょう。

電車についても揺れることがありますし、急ブレーキがかかる可能性も皆無ではありません。
座ることが出来る場合には座る。
それ以外の場合には手すりやつり革などにしっかりとつかまるようにしましょう。

 

・飛行機や船に乗る場合にはどうしたらいいの?

20160413-05

 

妊娠中に飛行機や船に乗る必要がある場合には、必ず主治医の搭乗許可、乗船許可を得るようにしましょう。

飛行機にはそれぞれの航空会社によって、妊娠中の方の搭乗については規定が定められています。
例えば、JALの場合には出産予定日を含めて8日以上28日以内の上場には医師の診断書の提出が必要ですし、出産予定日を含めて7日以内の搭乗には診断書の提出とさらに医師の同伴も必要位なってきます。

安定期であればあまり問題なく飛行機での移動ができますが、妊娠後期になってくると酸素濃度の影響や気圧の影響によってお母さん自身に体調不良といった症状が出てくることがあります。
お腹の赤ちゃんにも影響が出てくることがありますので、長時間のフライトは避ける方が無難です。

 

里帰り出産のために飛行機に搭乗する場合には、妊娠8ヶ月前に帰省をすることが理想的です。

 

それぞれの航空会社によって妊娠中の女性の優先搭乗などのサービスがありますので、よく確認してみてくださいね。

 

20160413-06

船への乗船はフェリーなど短時間航行するタイプの船の場合には、日常の足として利用している方もいますよね。
それぞれのフェリーによって、妊娠してる方の乗船に制限がある場合があります。
例えば大阪から別府の間を航行するさんふらわあの場合には、妊娠10ヶ月を迎えた方は乗船できないとなっていますし、大阪から鹿児島の志布志を航行する場合には、妊娠2ヶ月を迎えた方は乗船できません。
それぞれのフェリーによって規定がありますので、よくチェックしてください。

 

大型客船などでのクルーズ旅行については、ほとんどのケースで妊娠7ヶ月目以降は乗船が出来ないという規定がある場合が多くなります。
この妊娠7ヶ月目というのは、下船の時点の妊娠期間になります。
下船の時点で妊娠23週と6日以内であることが条件になることがあるんですよ。

クルーズの場合、妊娠中の乗船は医師の診断書が必要なことが多くなります。
予約申し込みの段階でどのような書類が必要なのかをしっかりと確かめてみましょう。

 

まとめ

20160413-07

このように移動手段として主に使われる乗り物には、妊娠中には乗ることが出来る物、注意しなければならない物、乗らない方が良いものがあります。
自分の状態やお腹の中の赤ちゃんの様子などによっても、移動手段を選択することが必要になりますよね。

 

またこの時には葉酸サプリを摂りたいものです。ただきになるのがビタミンAの過剰摂取量です。

このサイトに詳しい過剰摂取量について書いていました。

とくに今は美的ヌーボという商品が成分の質が高くおすすめです。

美的ヌーボの過剰摂取についても書かれています。

 

基本的に過剰摂取の心配は内容なので安心して葉酸を取ることができますね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ